あなたをがんで失いたくない

メタロ・バランス(Metallo-balance)は、血液中の微量元素の濃度バランスを解析することにより、

がんが発症している可能性(がんリスク)を判別するまったく新しいがんスクリーニング検査です。

日本経済新聞 メタロ・バランス紹介記事

おしらせ

一覧を見る

現時点の研究で判別できるがんの種類

今後の研究で子宮頸がん、卵巣がん、肝臓がん、すい臓がん、膀胱がんの判別もできるようになります。

メタロ・バランス検査臨床研究の詳細はこちら

メタロ・バランス検査の原理

株式会社レナテックでは、「体調に変異を来すと血清中の微量金属元素濃度が変化する」という学説をもとに、
がんにおいても微量金属元素濃度が変化するに違いないとの仮説を立てました。

そして共同研究先の千葉県がんセンター研究所および神奈川県立がんセンター臨床研究所から提供された「がん罹患者」「健常者」の血清を使って、 がん罹患時に変化する微量元素を特定する(Zn, Cu, Fe, Se, P, Mg, Rb, Moなど)と共に、
微量元素濃度を安定的に低コストで測定する技術を確立したものです。

メタロ・バランス検査は、検診者の方の血液中の微量元素濃度をがん罹患者のものと比較解析することで、
その類似度合いをもって、がんを発症している可能性(がんリスク)とするものです。

メタロ・バランスの詳細はこちら

メタロ・バランス がんスクリーニング研究について

本研究は、平成28年度の経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)に指定され、
千葉県がん センター研究所および神奈川県立がんセンター臨床研究所と共同研究を行っています。

弊社(株式会社レナテック)においては研究計画に従い、一般の方にメタロ・バランス検査を受けていただき、
結果をフィードバックするとともにその後の健康状態を追跡調査する活動を平成29年4月よりスタートさせています。

弊社ではメタロ・バランス検査臨床研究にご参加いただける方を募集しております。

研究参加といっても6ccの採血と3年間健康状態についての簡単なアンケートだけで、検査料は無料です。

弊社の研究活動にご賛同いただける方は是非ともご参加ください。

神奈川県立がんセンター

株式会社レナテック

千葉県がんセンター

メタロ・バランス検査臨床研究の詳細はこちら

私たちの想い

「もっと健康に気を付けていれば⋯⋯」

「もっと早く見つけることができていれば⋯⋯」

「もっと検査料が安ければ⋯⋯」

「もっと痛くない検査であれば⋯⋯」

私たちはボランティアとしてがん患者の支援を行う NPO 法人で長年活動してきました。
そうした中で多くの後悔の言葉に接し、不幸を見てきました。

死亡率第一位が「がん」であるにも関わらず、がん検診率 では先進国中低位にある日本。

この状況を何とか変えたくて、私たちが従前培ってきた技術が
半導体で培ったどんな小さなものでも正確に測定できる技術が何か役立つのではないか、
との思いから5年前より多くの方に支援をいただきながら挑戦し続けています。

私たちは、がんスクリーニング検査には、費用負担が軽い、身体的苦痛がない、精度が高いこの3つを
必須要素であると考え、メタロ・バランス検査の確立・普及に邁進してまいります。

私たち(運営会社)の詳細はこちら

メタロ・バランス検査臨床研究への
参加申し込み

次ページへ進むと表示される各フォームに入力し
インターネット上でお申し込みを完了できます。